ウェストウィン調査事務所の6つの安心

「何だかんだ言っても、やっぱり探偵に浮気調査を依頼するのは不安…」

って思ってしまいますよね?

テレビや小説に「探偵」が登場する事は珍しくはありませんが、実際「自分が探偵に依頼する」となった場合、多くの方が「どうやって依頼するのか?」や「どうやって相談したらいいのか?」と感じてしまうのは当たり前です。

なぜなら他のサービス業に比べて、「今まで利用した事がない」「周りで利用した者がいない(居ても大きな声で言えない)」等、大まかなに「どういったサービスが受けられるのか?」というイメージが湧いてこないからです。


当社では「怪しい」「怖い」「騙されそう」といった探偵業界に付きまとう、これらのイメージを払拭できるよう創業当時から取り組んでおりますので、ご相談の段階から「安心できる探偵」を感じて頂けると思います。


1.成功報酬の浮気調査だから、リスクが少なく安心。

成功報酬とは、文字通り「浮気調査が成功した場合にのみ報酬が発生する」報酬のことです。

当社の「浮気調査 成功報酬プラン」は、ご契約時に着手金をお支払い頂いた後、調査が開始されます。
調査の結果、ご契約時に目的が達成された場合(浮気(不貞行為)の証拠が取れた等)にのみ、契約書に記載された報酬をお支払い頂きます。
着手金は必要最低限の経費程度の金額ですので、万が一目的が達成されなかった場合には、お支払いは着手金のみで済みますので、「5日間で100万円支払ったのに、証拠が取れなかった」ということは回避できます。


2.報酬が後払いだから安心

どんな商品でも「後払い」と聞くと、消費者側には安心感が生まれますよね?

特に探偵業界は、一般の方からは少し異質な業種というイメージがあり、「高額な調査料金」や「お金を支払ったのに、調査せずに逃げてしまった」等の話も未だによく聞きます。
当社では着手金こそ先払いですが、まだ調査が成功もしていない段階で成功報酬をご請求することはございません。


3.公安委員会に探偵業の届出を出しているから安心

平成19年6月より「探偵業の業務の適正化に関する法律」が施行され、日本国内で探偵業を営む者は最寄りの公安委員会へ探偵業の届出を行なうことが義務付けられました。

これまでは「誰でも今日から」探偵になる事が出来ましたが、法律内で欠格事項が設けられ、例えば「暴力団員」や「5年以内に禁固刑以上の刑に処せられた者」は探偵業の営む事は出来なくなりました。
万が一、無届けの得体のしれない探偵事務所と契約し、トラブルが発生しても無届業者では警察も動きにくいのが現状のようです。
また、大阪府で探偵業を営む者は、大阪府にも届出をすることが条例で決められていますので、併せて届け出る必要がございます。


4.女性のスタッフが在籍しているので、女性の方でも安心。

探偵事務所の中には可愛らしいデザインのホームページで、いかにも女性が中心の探偵事務所を装っておきながら、いざ相談に出向いていくと、「今日はたまたま女性スタッフが不在で…」と言って、怖そうな男性スタッフが応対する所もあるようです。

弊社では人数に限りがありますが、女性相談員も女性調査員も在籍しておりますので、女性のお客様でも安心してご相談頂けます。


5.調査には経験8年以上の探偵が従事するから安心

探偵事務所の中には、昨日今日入った新人に調査を任せてしまう業者も存在します。

いくら契約時に、調査員が2名で調査をする契約になっていても、そのうち1人が未経験に近い者では本当に調査のこと、お客様のことを考えているとは言えません。

弊社では、研修の為に新人を調査に派遣する事もございますが、あくまで新人ですので頭数に入れる事はございませんし、調査員が2名のご契約の場合には、あくまで経験者2名+新人1名となっております。


6.探偵業法に則った契約方法を採用しているから安心

平成19年6月に施行された「探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)」は、消費者保護と被調査人の人権保護に重点が置かれた法律です。

契約方法や依頼者側に説明しなければならない項目も細かく決められておりますので、「大丈夫ですよ~任せておいてください」という言葉だけでは済まなくなってしまいました。
大まかにいうと「契約書」「重要事項の説明書」「利用目的確認書」等の書類の交付が義務付けられ、調査料金のお支払い方法、お支払い時期、契約の解約方法等は特に念入りに消費者に説明することが義務付けられました。

今ではあまり聞きませんが、「契約書も作成しない」や「領収書も発行しない」ような業者は論外ということです。



浮気調査の不安を解消
浮気調査 大阪相談窓口