浮気(不倫)の慰謝料について

「慰謝料っていくらぐらい貰えるの?」

慰謝料請求とは、婚姻期間中に結婚相手から受けた精神的苦痛に対し、慰め謝罪してもらう為の「損害賠償請求」のことです。
ですから、離婚する時に必ず貰えるという訳ではありません。

ほとんどの方が貰えるものと言えば「財産分与」と呼べれるもので、これは婚姻期間中に築いたマンションや家具等の「夫婦共有の財産」を清算することです。
慰謝料とは、婚姻期間中に受けた精神的苦痛の損害賠償請求ですので、相手の浮気であったり、DVと呼ばれる配偶者の暴力や暴言などに対して請求することができます。


また慰謝料は「裁判をしないと貰えないもの」と思われている方がおられますが、実際そうではなく、夫婦間の協議でお互い合意できれば、離婚調停も裁判もしなくても貰えるものです。
慰謝料請求は口頭でも出来ますし、比較的簡単な書類を作成して請求することも出来ます。
請求しても相手が支払いに応じなかったり、自分の非を認めなければ、裁判の一つ手前の手続きである「離婚調停」を申し出ることとなります。

離婚の際の慰謝料請求とは

いったい慰謝料はどれぐらい貰えるのか?

旦那は芸能人じゃないけど1000万ぐらいは貰えるよね?

なんて思っていませんか?

「芸能人」や「スポーツ選手」の離婚では、「○千万円」「○億円」といった慰謝料の額を目にしますが、普通の会社勤めの方から「何千万の慰謝料を受け取った」という話はあまり聞きませんよね?

基本的に、慰謝料請求はいくら請求しても構いません。
あなたが「1億円分ぐらい傷つけられた」と思ったなら、1億円の慰謝料を請求して、相手が支払ってくれるのなら何も問題ありません。

ですが、多くの方は

離婚して関係がなくなる人間に対して、そんな大金を払いたくない



と考えるのが普通です。
例え、自分が悪くて離婚に至ったとしてもです。

だから離婚が「調停」や「裁判」などに発展してしまうわけですが、慰謝料の額については、過去の事例や離婚の原因を作った者の責任の重さ等、色々な材料を元に判断され、相手の「支払い能力」も慰謝料の額を決定する上で重要な部分です。


一般的な慰謝料の額は200~300万円だといわれています



反対に

・旦那様に経済力がある(お医者様、会社経営者等)
・不倫関係が長期に及んでいた
・結婚生活がに長い



の場合には慰謝料の額が増額されます。
旦那様に経済力があり、結婚生活が長く、旦那様が長期間に渡って浮気していた場合、前出の芸能人の離婚のように「数千万」や「1億円」といった慰謝料になっても不思議ではありません。

また、旦那様以外に


浮気相手への慰謝料の請求額は50~200万円だといわれています



離婚の際の慰謝料請求とは
浮気調査 大阪相談窓口
メールフォーム
浮気top