浮気調査の失敗談

浮気調査で「やってはいけない」こと

人はどういった原因で、浮気調査に失敗するのか?

浮気調査では、当たり前ですが、成功する方、失敗する方がおられます。

短期間でちゃんと「配偶者の浮気の証拠」を持って帰られる方、反対に日数が掛かってしまい、慰謝料と同程度の調査料金が掛かってしまった方、最終的に証拠が取れる前に費用面等で途中で調査を止めてしまった方…など様々です。
こうした差は「何故、生まれてしまうのか?」検証してみました。

ここでは、どういったことをすると、浮気調査が失敗する可能性が高くなるのか解説いたします。


1.調査当日、対象者に頻繁に連絡を取る

「出来るだけ情報を欲しい」一心で、対象者に連絡をして情報を得ようとするのは分かりますが、普段しない事をすると対象者が「おかしい」と感じ、周りを警戒しだしたり、最悪、浮気相手と接触しない等の不具合が発生します。

そういった場合、対象者は「近くに夫(妻)が居るのではないか」と感じてしまうことが多く、周りをキョロキョロしたり、その日は警戒して不倫相手と接触しない事があります。
また、調査日の前日等に、対象者に当日の予定等をしつこく聞くのも、あまりお勧めいたしません。

調査日当日の前後は、冷静にいつも通りに努めてください。

浮気調査中は冷静に努めてください

2.あまりに調査に無関心である

このケースは「探偵に頼めば、あとは安心だ」と考えている方。
我々は、依頼者さまから頂いた情報を元に調査を行ないますので、頂いた情報に誤りがあったり、情報が古いことがあっても調査が混乱してしまうことがございます。

対象者の写真が古いものや不鮮明なものしか無ければ、対象者の勤務先が大きなオフィスビルで、対象者があまり特徴の無い顔ならば、似た人物が出てくれば、その度に顔を詳しく確認に行かねばなりません。
その隙に本当の対象者が出ていってしまった…ではお話しになりません。

依頼者さまは、対象者の顔を見飽きるぐらい見ているでしょうが、調査員は調査初日に初めて対象者を見ることもございます。
当日の対象者の服装ぐらいは伝えて頂けると助かります。

確実な証拠はあなたの武器に

3.調査の開始時間を誤る

お客様の中には「調査が長時間になると料金が高くなってしまう」と考えて、調査開始時間をギリギリに設定してしまう方がおられます。

お気持ちは分かるのですが「調査員が到着した時に、既に対象者が動き出していた」では話しになりません。
基本的に、だいたい対象者が動き出すと思われる30分~1時間前から調査を開始するのが基本になります。

調査開始時間に対象者が自宅に居ないでは意味がない

4.興奮して、対象者に浮気を問い詰める

探偵の調査には「冷静さ」が求められますが、依頼者様にも「冷静さ」が求められます。
調査日の決定も冷静な判断が求められますが、依頼後の生活にももちろん「冷静さ」が求められます。

依頼者様の中には「配偶者の浮気」を疑うあまり、「毎日のように配偶者に浮気を問い詰める」や反対に「配偶者に対して不自然なぐらい無関心を装う」方がおられます。
毎日、夫婦喧嘩の絶えない家庭の奥様が「探偵に頼んで調べてやる!!」なんて言ってしまうのはよくある話です。

調査当日、対象者に警戒心が生まれてしまえば、浮気調査が困難なものになり、結果的に「探偵の増員」や「調査車両の追加」など余計な負担がお客様に掛かってしまいます。
お気持ちは理解できるのですが、できる限り冷静に普段通りの生活を心掛けてください。

浮気調査が終わるまでは冷静に
浮気調査 大阪相談窓口
メールフォーム
浮気top