効率よく浮気調査を依頼して、費用を節約

効率よく浮気調査を依頼する方法

「効率よくって、どういうタイミングで浮気調査を頼めばいいの?」

できるだけ費用を掛けず「浮気の証拠」を手にするには「浮気しない日に調査を行なわない」のが鉄則です。

「そんなの当たり前よ!!!」

って言わないでくださいね…
その「空振りの日」ですが、ゼロにするのはは難しくても減らすことは可能です。

調査日は対象者の様子を窺いながら、冷静に決める必要があるのですが、いったい不倫カップルはどういった日に密会しているのでしょうか?
こちらでは弊社の過去をデータを元に、不倫している日で多いものを5つご紹介致します。


①誕生日・クリスマスなどの記念日

これは少しベタですが、記念日である「誕生日」に帰宅が遅くなると言うなら調査する価値があると思います。

用心深い方の場合、少し時期を早めたり遅らせたりするケースが見受けられるので、記念日の前後の数日は注意が必要です。
対象者か、浮気相手が近いうちに誕生日を迎えるのであれば、やはり外せない調査日といえます。


②給料日後の数日

デートには、やはりお金がかかるものです。
もちろん、不倫カップルも例外ではありません。

お金に余裕がない給料日前は「今日は食事だけ…」となっていたのが、給料が入った途端「今日はホテルも行くか」となってしまうことが多いため、給料日後に浮気調査を行なうのは賢明な判断です。


③週末・休日前

普通のカップル同様、不倫カップルにとっても週末前は重要なポイントになることが多いです。

休日は家族と一緒に過ごすこと方が多いため、「休日前に会っておこう」と考える不倫カップルが少なくなく、仕事帰りから深夜まで、もしくは宿泊して休日の朝まで浮気相手と過ごすパターンが多いように思います。


④出張や休日出勤

今まで出張や休日出勤がなかった方が、それを理由に出掛けたり、外泊する場合は疑ってみる必要があります。
不倫をしている人が出張に行く場合、よくあるのが「出張日数を多めに家族に伝え、出張が終わってから不倫相手と密会している」ケースです。
出張に行っていたはずが、電車のICカードの履歴で2日早く帰ってきていたことがバレてしまった方もおられます。

また、普段外泊が難しい方は、仕事帰りの数時間の逢引では満足できず、休日にゆっくり浮気相手と会おうと考える方がおられます。
休日に珍しく「1人で出掛ける」や「仕事がある」と言って外出する旦那様は要注意です。


⑤飲み会などの集まりがある日

帰宅時間が遅くなる理由として「今日○○の集まりがあって…」や「○○ちゃんと飲みに行くから…」という言い訳は昔からよく使われてきました。

経験上、専業主婦の方は浮気相手とのデートがお昼間がメインになってしまいがちですが、やはりお酒好きな方はお酒の飲める夜のデートもしたくなるものです。
毎日飲み歩いている方には当てはまりませんが、このようなことが1ヶ月に1回2回とあるという方は、その日を疑ってみる価値があるかもしれません。


言い出せばキリがありませんが、帰宅が遅くなったり外泊するには「出張」や「飲み会がある」、「今日は実家に帰る」等、それなりの理由が必要になってきます。
これらは依頼者様が調査を行なって、浮気の証拠が手にできた日になりますので、上記の項目をあなたの予想にお役立てください。

これまでの依頼者様が浮気の証拠を手に入れた効率の良い浮気調査の日
浮気調査 大阪相談窓口
メールフォーム
浮気top